今年度の予定について(テクモア+)ココをクリック!

スマホのダークモードを活用しよう!

スマートフォンのOSの進化は目まぐるしく、たくさんの便利な機能が追加されてきています。その中でも今回紹介するのは「ダークモード」もしくは「ナイトモード」です。

iPhoneではiOS13からでAndroidスマートフォンではAndroid 10からOS標準の機能となりました。(GalaxyはAndroid 9 One UI 1.0から。またその他のカスタムUIでも開発者サービスからオンにすることもできます。)

ダークモードの例
ダークモードの例

ダークモードによるメリットとは

iOSのダークモード対応によりこれらの言葉がよく聞かれるようになりました。まず1つ目のメリットとしてあげられるのが暗いところでの操作に優しいという点です。人によりけりだとは思いますが、夜暗い中ベッドでスマートフォンを操作している人も多いのではないでしょうか?

スマートフォンのOSは基本的に白を基調としたUIなので暗い中で操作したりすると眩しく感じます。しかし、ダークモードを有効にすることで光が抑えられ非常に見やすくなります。

バッテリー駆動の時間を延ばせる!?

スマートフォンに興味のある方はこの手の話題を聞いたことがあるかもしれません。よくありがちな誤解なのですが、ダークモードにすればバッテリーが伸びる!というのは半分合ってて半分間違っています。

細かく言うと有機ELディスプレイ搭載スマートフォンに効果があって、液晶ディスプレイには効果がありません。(今度の機会に有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの違いについて説明したいと思います。)

細かい原理は難しいので省きますが、有機ELは”黒の色”を表現する時に黒の部分だけは発光しないのです。つまり電気がついていないのと同じ状態というわけです。対して液晶は黒の部分にもバックライトを当てて(正確に言うと色を混ぜて)表現するのであって電気はついている状態になります。

コチラの記事もおすすめ!

有機ELディスプレイを搭載したスマホ

ここでは代表的な有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンを紹介したいと思います。

Appleのスマートフォン

Appleのスマートフォンに有機ELディスプレイが搭載されたのはiPhone Xからですね。当時はSAMSUNGディスプレイの独占だったので話題になりました。

  • iPhone X
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max

※注意しておきたいのが、iPhone XRとiPhone 11は液晶ディスプレイであるということです。

代表的なAndroidスマートフォン

SONY Xperiaシリーズ

  • Xperia XZ3
  • Xperia 1
  • Xperia 5
  • Xperia 1 Ⅱ

SAMSUNG Galaxyシリーズ

SAMSUNG Galaxyは初代から有機ELディスプレイを搭載し続けている。

SHARP AQUOSシリーズ

  • AQUOS zero
  • AQUOS zero2

コメントを残す

CAPTCHA