今年度の予定について(テクモア+)ココをクリック!

【バッファリング】Twitchが重い、遅いときの対処法

手っ取り早い解決方法

 後述する内容は難しいですし、意味わからん!という方は

携帯などのキャリア回線に切り替える(3G,4G,5Gと一般的に呼ばれているものです。)

と、環境が改善されます。(ただし従量制課金接続になりますので注意が必要です。

 ここのページを見に来てくれている方の殆どはWi-Fiや有線などの固定回線を使用している方が多いと思われます。

 なぜこの記事を書いたのかというと、実際わたしもバッファリングに悩まされていたからです。(DTNの配信をよく見ています。専らスタヌさんですけど)

 本題に戻ります。結論から言いますと、PCや端末のスペックがよほど低くなければ回線の問題になります。

他サイトでは、どんな理由で回線に問題があるのかまでは書かれていませんでしたが、当サイトでは詳しい原因がわかったのでここに書いておきます。

筆者の環境

ドコモ光 戸建て(プロバイダはOCN)1Gbps契約

ノートPC MSI Prestige 15(有線)

おかしい…スピードテストでは速度が出ていたのに…?

個人的に悩まされたのはコレです。インターネットの速度を測っても290Mbps(下り ※動画の視聴には下りを使います。)だったのです。

しかしながら、いざ視聴してみると高頻度(2秒位)でバッファリング(動画の読み込み)が入ってしまってまともに見られないのです。

ここにたどり着いた人の中には同じような経験をしているかたもいると思います。

  • Twitch
  • プロバイダ
  • ドコモ光
  • NTT

一応、これらすべてに問い合わせました。(結局、原因は自分が発見しましたが)

口を揃えて言うのが「こちらは問題ない。」…….予想はしていましたがね。

原因はプロバイダと光回線業者とTwitchに

今回、自分が調べた結果、それぞれに問題があることがわかりました。

まずはTwitch側です。これがなんとライブ視聴がIPv4通信のみでIPv6の通信に対応していないのです。これはこれで問題です。(この時代に大手サービスがIPv4のみはちょっとマズイ気もします。直に対応するとは思いますが)

というのも先日、HGW交換のときにプロバイダ設定をせずに通信したためIPv6しかつながらなかった状態でした。その時に気が付きました。

あれ、Google検索とかYouTubeしか見られない。

Google検索やYouTubeなどのサービスはIPv6の通信に対応しています。

つまり、その時はIPv6のみしか通信ができていなかったわけですが、ここであることを思い出しました。スピードテストのことです。インターネットの速度を測るのに「スピードテスト」とか安直に検索していました。この手のツールを使ったことがある人はわかると思いますが、一番上に出てくるのがGoogleで2番目がNetflixの測定サイトです。

ここで重要なのが測定するとIPv6での結果が出ていることなのです。だから速度が出ているように”見えた”のです。

フレッツ網を使っている人はここで計測!

大体の人はNTTの測定サイトで速度を測ることが出来ます。

フレッツ速度測定サイト(新しいタブで開きます)

このサイトでしたら同時に両方測ることが出来ます。

できればバッファリングが発生している時間帯と、していない時間帯両方で測ってください。

ここで重要なのがIPv4の速度です。

ソース(1080P 60FPS)でバッファリングしている方だと、だいたい20~30くらいしか出ていないことが予想されます。

大体IPv4の速度が少なめに見積もって、90Mbpsを安定して出せている状態が好ましいです。

改めて言っておきますがIPv6の速度は無視してください。

PCをつかっている人ならIPv6プロトコルのチェックを外せばIPv4でのみ通信できるので、GoogleとかでもIPv4の測定ができるのですが、今回は説明を省きます。

どれくらいの速度が好ましい?

単刀直入に言いますと、少なめに見積もって90Mbps(下り)が安定してだせる環境が望ましいです。理由は単純で、多少不安定になって速度がおちてもバッファリングが起こらないからです。また、1人でインターネットを使っているのならばもう少し低くてもよいのですが、複数の利用者がいると90Mbpsを分け合う形になるため、高く設定しています。

それに測定サイトといえど大雑把な速度しか出ません。継続して測ることができれば不安定かどうかがわかるのですが、そうもいきません。

まとめ「どうすればいい?」

ながながと書いてしまいましたが、まとめますと

Twitchの問題
TwitchがIPv4のみの規格しか対応していない

IPv4は混雑の影響を受けやすく、夜間は特に速度が低下します。

光回線の問題
使っている業者のIPv4通信の速度が不安定or不十分である

IPv4の速度が安定していないこと(特にYouTubeなどの動画サービスとは違って、低遅延のライブ配信では数秒間でも1~9Mbpsに落ちてしまったらバッファリングが入ってしまいます。)や、そもそも速度が出ていないことが挙げられます。

この2つの原因が、頻繁にTwitchでバッファリング起こす問題となります。

このことからも他のサービスで自分の環境で不具合が発生すると、こういったIPv4通信で行っていることもあるため、混雑している可能性があるということもわかります。

となると、手っ取り早い解決方法は

・プロバイダを変えてみる

IPv4 over IPv6等のサービスに申し込んでみる(OCNは専用ルータのみ対応ですが)

・速度そのものに不満がある方は光回線業者ごと変えてみる

ですね。なかなか乗り換える気はしないと思いますが、行動してしまえば快適になると思います。

 ちなみに筆者は先日、OCNのv6アルファを申し込みました。(専用ルータ貸し出し)後日導入したあとに、Twitchが快適に視聴できるかどうかも追記していこうと思っています。

記事が参考になれば嬉しいです。それではまた次の記事で!

コメントを残す

CAPTCHA